告白までのカウントダウン

人を心から愛するってどんな事だろう?まだ全然知らない事、自分と真剣に向き合う事によって何かしら答えは見つけれるのではないのだろうか。継続は力なり。  今日からでもまだ遅くはないはず。

継続日数を競いあうオナ禁なんてもう古い! 新しい、オナ禁したくない?

オナ禁は長くやればやる程、効果がある!

。。。なんて、ことはありません!

強く言えはしませんが、オナ禁は長さが長ければ効果があるとは限りません。

毎日何もせず、ただオナニーをしなければモテる等という美味しい話はありません。

つまり、オナ禁をいかに上手く利用し自分を磨く努力を出来るかがオナ禁の肝なのです。

そこで、今回紹介したいのは短期オナ禁です。

しばらく更新していなかった間このオナ禁方法をやってきましたが、長期間のオナ禁と比べてストレスは少なく、オナ禁に集中し過ぎずに自分磨きに力を入れることが出来ます。

何日続いたかなんてもう古い、これからは何週続いたか

オナ禁を長年やってきた人にはわかると思いますが、オナ禁で重要なテストステロンは7日目をピークにその後、徐々に落ち着いていくのです。

なのでその性質を使い、効果的なオナ禁しませんか?

やり方はシンプルです。

7~10日間ひたすらオナ禁をして、その日数が過ぎたらリセットします。

そして、その射精日からまた一週間オナ禁をしてリセットと、その繰り返しです。

その一週間の間ひたすらオナ禁をしながら自分磨きをします。

我慢しやすい、自分磨きに集中できる、モチベーションがある、明確な期限とゴールがある、ストレスを感じにくいと色々とメリットがありますが、長期オナ禁と比べてデメリットもあります。

一週間という短いスパンでやる為、頑張って我慢しやすいですが、一週間すぎたらリセット出来る為、その分エロに執着してしまったり、その次の日がきつかったりとやっていて感じました。

長期オナ禁VS週一オナ禁 | オナ禁で成功する法則

ここに、メリットとデメリットについて詳しく説明しているので、もし短期オナ禁に興味がある方はクリックしてみて下さい。

長期オナ禁はエロの執着を捨てる為、新たな自分に出会うため、日数という自信を付けたい人へ。

短期オナ禁は我慢しやすく、自分磨きに集中してコツコツとストレス無く自分を高めていきたい人へ。

どちらのオナ禁方法をするかは、自分次第ですが使い分けるという方法もあるので、自分に合ったオナ禁をするのをおすすめします。

オナ禁には決まりもルールもありません、たまには冒険してみて新たなオナ禁方法、自分のオリジナルオナ禁ルールを決めたりとオナ禁ライフを楽しみましょう!