告白までのカウントダウン

人を心から愛するってどんな事だろう?まだ全然知らない事、自分と真剣に向き合う事によって何かしら答えは見つけれるのではないのだろうか。継続は力なり。  今日からでもまだ遅くはないはず。

 裸足になってどうするつもり?

最近、頭の中のモヤモヤが止まりません。。 前回の記事で彼女の誕生日に告白しようと決めた、、といか自分に提案してみたのですが、まだ決心がつかず悩んでばかりです。

友達に相談することも出来るのですが、拡散されたり降られたときになんて言われるか分かんないし、色々と怖いことがあって相談も恋愛話も今は全然してもいないしやる勇気も出ません。だって、失敗したくないもん。。

ついには、人ってなんで付き合うのだろうか? 高校生で付き合ったとしても結婚できる確率なんてほんの少しなのになんで自分も含めて彼女・彼氏に憧れんだろう?なんてことを考えて余計告白する勇気が消えっていってしまっています。

ほんとに自分はこの先どうすればいいのだろうか?リスクを負ってまで付き合いに行く必要はあるのだろうか。。 降られたらもう話せなくなるんじゃ。。 今の距離感も心地いいし別に頑張らなくてもいいんじゃ。。

。。。嫌だなぁ。。

弱音しか吐いてないじゃん。。自分

何のために僕は頑張ってきたのだろうか、告白するためだったけな。。

こんな感じでみんな悩みに悩んで告白しにいくんだろうな。凄いよね。。  やっぱり、何かを成し遂げるにはリスクを負いまでしないと達成することなんてできないんだろうね。

今の自分みたいに悩んでいる時って今まで気にもしていなかった名言や歌の歌詞が蘇ってくることってありますよね。 乃木坂46の「裸足でSummer」ってご存知でしょうか? その歌の歌詞を見ているとまさに今の自分なんですよね。

裸足でSummer - 乃木坂46 - 歌詞 : 歌ネット   歌詞

www.youtube.com   MV

この歌を聴きながらこの文章を読んで下さると幸いです。 とてもいい曲なので。

確かに今年の夏はいつもの夏と違います。前回の夏まではオナ禁なんて言葉も知らなかったでしょう。しかも、今みたいに一人の人間をこんなにも思えてはいなかったでしょう。いつも、自分のやりたいことばかりをやって、何を愛していたのだろうか?エロだよね、きっと

でも、今は違います。そして、いろんなことがあったし降られてもいるけど「それでも、君に恋をしてる」確かに今の距離感 心地がいいし普通で楽です。

そして、違うのはここからです。 ぼくは、まだどこでも歩いていく自信もありません。しかも、自分の気持ちを伝えれるのかもまだわかりません。 でも、告白するには裸足になる必要があるんです。靴という安心や距離感を捨ててまで伝えるからこそ告白って難しんだと思います。

まだ、見つけれてないことの方が多いし、告白する日までの時間が少なくなるたび疑問や不安など積み重なっていく毎日です。しかし、自分はその瞬間のために頑張ってきたのです。 行動が自分でも予測できません。 でも、裸足になれるよう日々大切にしながら生きていくことが今の自分のやるべきことなんでしょう。

恋って、難しいね。。

ありがとうございます。感謝してます。